毎週ウォーキング 三色彼岸花

2021.09.24


9月23日(秋分の日)3色彼岸花コースを40名弱の大人数でスタートです。




別名、天界の華という意味で曼珠沙華(まんじゅしゃげ)
彼岸花といえば、赤色しか見たことが無かった私は、興味津々でスタートしました。
今日のテレビでも京都の亀岡の町起こしとして彼岸花を育てています。と放映されていましたが、赤色だけでした。
こちらのコースは、赤色白色黄色の3色が咲いていました。見頃は何日か遅かったかもしれませんが、シッカリ3色見ることができました。




彼岸花は、よく田んぼの畦道に咲いていますね。これは、根が土手や畔の土をギュッと固めてくれるためです。根等に毒があるので、田んぼを荒らすネズミやモグラ、虫等の被害を防ぐ役目も果たしています。




鮮明な赤と形が炎のように見える彼岸花は、火事も呼び寄せる意味もあるので…子供の頃は家に持って帰ってはイケマセンと言われたものです。




花言葉の赤色…情熱、再会
花言葉の白色…また会える日を楽しみに
花言葉の黄色…陽気、元気な心




1年に1度のこのコース、来年も皆さんと歩きたいですね。




次回のウォーキングは、28日(火)なか、やちよの森公園ヴァルトコースです。
皆さんのお越しをスタッフ一同両手を広げてお待ちしております。







遠方からわざわざ来町される多可町の彼岸花








        もちろんですが水もきれいです








  起伏はないフラットコースですが、ひと休みします  クイズあり!




この水車付近が1番のスポット








クイズの景品に、採れたてのミョウガ 竹薮で見つけました。