ガイド紹介 Part4

2020.04.30

みなさん、こんにちは!
本日ご紹介するのはみんなのお父さん的存在のこの方!

【名前・ニックネーム】
名前・・・宮崎信彦
ニックネーム・・・信彦ちゃん
ガイド歴2年のおじさんです。

【多可の森健康ウォーキングの魅力】
脈拍を測定しながら、個人のペースで歩き、頑張らないウォーキング。
それでいて体力・持久力アップ。
そしてリスク回避を最重点とし、皆さんと楽しく歩くこと。

【オススメのコースとその理由】
なか・やちよの森ヴァルトコースと湖畔の広場周辺コース
何回歩いても飽きない、私にピッタリのコース。
東屋(展望台)からの翠明湖、町内が一望できる眺めは最高です。
またウッドチップの癒やしの道も心地良いですよ。

【自分自身がウォーキングを始めたきっかけ】
大阪での単身赴任生活が長く、退職し帰省後、体力の衰えを感じていたときに、このウォーキングを知り、初めて一人で参加しました。(八千代区の笠形山林道コースでした)
初参加なのに、皆さん以前からのお友だちのような雰囲気で、大変楽しく歩くことができました。(実のところこのコースは大変急な登坂があり、体力のない私にはついて行くのがやっとでしたが・・・)

【多可の森ガイドになったきっかけ】
ウォーキングに参加して、1~2年後に多可の森健康協会立ち上げの話を聞き、このウォーキング事業が継続されることを願って、何か協力できることはないかと考え、ガイドとして参加することといたしました。

【ガイドをしていて良かったと思う瞬間は】
参加者の皆さんと楽しいウォーキングができたとき。
皆さんの笑顔、楽しい声が聞けたとき。
雨の日、雪の日でも参加者の方が来てくださったとき。

【今後参加を検討されているみなさまに一言】
一人での参加も、初めての参加から楽しく歩くことができます。
多可町のいろいろな所を歩くことができ、季節毎の自然の植物、鳥の鳴き声も十分楽しむことができます。皆さんと一緒に楽しく歩ける日をお待ちしています。

【参加者のみなさまへメッセージ】
今は新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、自然の中でおこなうこのウォーキングも自粛要請に基づき中止していますが、必ず皆さんと楽しく歩ける日は来ます。その日まで、お互い健康に留意し、体力維持に努めてくださいね。

 


 

次回のガイド紹介もお楽しみ~♪